Nagaoka Kosen Chikyu-Lab. Net
 
Copyright (c) 2010 Nagaoka  National College of Technology. All Rights Reserved. 
 
アクセス数182664
(2011年8月3日より)

オンライン状況

ログインユーザー0人

イベントカレンダー

ようこそ、こちらは長岡高専の地球ラボです。

 
地球ラボからのお知らせ
12345
2016/04/21

国際関係学演習 〜受講者募集のお知らせ〜

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
国際関係学演習の受講者を募集してます。
対象は1〜5年生の全学科の学生が対象で通年15回の選択授業(1単位)です。
学年、学科、国の壁を越え、留学生と一緒にお互いの国の文化などについて考え、グローバルなコミニュケーション能力を身に付けていきましょう。
(※今年度から卒業単位となりました。進級単位にはなりませんが、5年生になった時の選択単位として使えます。)

前期は、外部講師に佐竹直子先生を授業ファシリテーターとしてお招きします。
優しい人柄の佐竹先生のファシリテーションテクニックを通し、留学生の国を知り、日本の紹介をすることでお互いの違いについて考え理解していきましょう。

放課後の授業になりますが、より多くの意見が出しやすいグループワーク授業を期待してます。
日本人学生は留学生との交流を通じ、近い将来の海外研修やインターンシップに参加し発信していくコミニュケーション力を養っていきましょう。留学生は日本人学生との交流により、日本語でのプレゼンテーション力を養います。自国のこともどんどん紹介してください。

後期は、毎年行なわれているプレゼンテーションコンテストに向け、取り組むテーマを設定し、意見交換をしながら議論を深めプレゼンテーションを作成します。人前でのプレゼン力も身に付きます。

来週の4月26日(火)が、第1回目の授業です。
オリエンテーション & 自己紹介からスタートします。
国際交流や海外のことなど興味ある方は、一度、国際関係学演習の授業、又は地球ラボに来てみてください。

授業は16:10〜17:40。図書館1階、グループ学習室に集合してください。

国際関係学演習ポスター

00:00
2016/01/06

H27年国際理解プレゼンテーションコンテスト出場報告(優秀賞受賞)

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
12月12日(土)新潟市朱鷺メッセ国際会議室において「国際理解教育プレゼンテーションコンテスト」が開催されました。
地球ラボが運営している国際関係学演習授業で結成されたマレーシア留学生と日本人学生のチーム「サンバルとわさび」が出場し、高校生部門においてみごと優秀賞を受賞いたしました。

テーマは、『平和の為に私達がすべきいくつかの事』。
宗教、言語が違う多民族が仲良く暮らす留学生の母国マレーシアを通して考えた、平和な未来に向けて実践することを発表しました。



長岡高専には毎年3年次に東南アジアやモンゴルなどから留学生が編入してきます。
授業では留学生と日本人学生が学年学科国籍の壁を越え、異文化や日本はどんな国なのか、国際理解とは何かを考え、他の授業にはない交流の場ともなります。学生同士で交流を深め、留学生にとっては母国を紹介すること、仲間と日本語でプレゼンテーションに挑戦する機会です。

サンバルとはマレーシアの辛いスパイス、わさびも日本の代表的な香辛料です。
試験期間を乗り越えてのプレゼンテーション作成やステージ練習は、やればできるという自信と1年間の成果、そして人生の刺激(スパイス)になったのではないでしょうか。

審査発表の際に、プレゼンテーションはスピーチとは違いオーディエンスに語りかけるものだと。
チームで考えたことが、オーディエンスと審査員へ伝わった成果となりました。

受賞おめでとうございます。

出場メンバー、指導員、応援にかけつけてくれた皆で記念撮影。

00:00
2015/10/06

国際関係学演習 後期日程のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
後期授業が始まりました。
本年度も、新潟県朱鷺メッセで行われる『国際理解教育プレゼンテーションコンテスト』高校生部門に長岡高専より1チームが応募しました。コンテストには書類審査の上、出場が決定します。授業もプレゼンテーション作りに入ります。後期、授業日程は以下になります。

【後期 開講予定日】 16:10~17:40 グループ学習室2・3(予定)
・第1回目 10月 6日(火) プレゼン準備
・第2回目 10月20日(火) 海外経験談 (講師 機械科  池田先生)プレゼン準備
・第3回目 11月17日(火) プレゼン準備-->通しで発表-->意見交換
・第4回目 12月 8日(火) プレゼン準備-->通しで発表-->意見交換
・12月12日(土) 国際理解教育プレゼンテーションコンテスト
・12月15日(火) プレコンの振り返り、反省会


後期予定

00:00 | 連絡事項
2015/09/29

むつみ会主催「外国人による日本語スピーチコンテスト」出場報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
9月27日(日)、長岡商工会議所において『むつみ会 第27回 外国人による日本語スピーチコンテスト』が開催されました。多数の応募の中から書類審査で選ばれた新潟県在住の外国人、在日期間5ヵ月から4年の12カ国14名が出場し、日ごろ感じていること、経験したことを日本語で5分間スピーチしました。

本校からは留学生3名が応募し、2名がコンテストに出場しました。
物質工学科4年生マレーシア出身のテイさんは「もったいない」を題材に発表し、最優秀賞となる長岡市長賞を受賞、賞状と楯、副賞を受け取りました。電子制御工学科4年モンゴル出身のオリギルさんは参加賞、副賞を受け取りました。

夏期休暇前に原稿を作成して応募、休暇中は母国に帰っているため日本語を忘れてしまいそうになる中しっかりと練習し発表してくれました。

オリギルさんは「日本人と挨拶」について発表しました。
モンゴルでは先生には挨拶をしますが、日本に来て校内で見かけるような先輩には挨拶をしません。家庭でも「いってきます」「ただいま」を言わない人の方が多く、挨拶の際に頭を下げるお辞儀はせず、人の前では頭は下げないようにと育てられました。日本に来た当初、モンゴルとの挨拶文化の違いを不思議に思い、頭を下げることは自分を尊敬していないように見えました。なぜ日本では辞儀をして色んな場面で挨拶をするのだろうと考え、それは相手を尊敬しながら自分も尊敬し、周りとの関係をよくする一つの方法たとわかりました。モンゴルと違い色んな場面で挨拶をすることはお互いのきずなを深めているのだと感じ、今は挨拶をいい習慣だと思うようになったそうです。

オリギルさんスピーチ

最優秀賞を受賞したテイさんは、日本語を習う際に「もったいない」とは資源の無駄使い、食べ残しなどの意味だと教えてもらいました。しかし今年になり日本のテレビ番組で「あきらめては『もったいない』」という意味で使われているCMを見て驚きました。そういう使い方もあるんだと初めて知り、普通は本に書いてある通りや人に教えてもらった通りに考えますが、正解は必ずしも一つではないこと。その驚きから「もったいない」という言葉について考え、自分の人生を自転車に例え、とても熱く語ってくれました。自転車は自分のペースでペダルを踏んで前に進む。逆方向に踏もうとしても後ろには進まない。疲れたときは休んだりスピードを落とし、また最後にはペダルを踏み出す。集中しないで別のことを考えていたら事故を起こしやすくなります。人生も同じである。今という瞬間を大切にすべきだと。だからこのスピーチでも伝えたいことをはっきりと伝えなければならない。やりのこすことはもったいないからだと伝えてくれました。

テイさんスピーチ

しっかりと観客全体を見ながらの堂々としたスピーチ、人生を自転車に例えた事、スピーチの構成が起承転結でとても良いスピーチだったと評価を受けました。

テイさん最優秀賞受賞

14名のスピーチは、日本に来て体験したことや叶えたいこと、母国との文化の違いを受け止め理解しようと努力したこと、そして感謝の気持ちが込められていました。日本語の原稿を暗記し上手に日本語を話し、内容も各国特色があり、とても興味深いスピーチでした。

テイさんとオリギルさん
00:00 | 報告事項
2015/05/12

国際関係学演習 〜外部講師講演のお知らせ〜

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
国際関係学演習の前期は、外部講師4名を招き海外経験談を聞くことができます。
履修者以外の学生も受講可能ですので、興味のある回だけでもご参加ください。
  • 佐竹直子さん ファシリテーション授業 (5月12日、5月19日)
  • 佐藤悟さん 世界一周の経験談 (6月9日)
  • 石崎幸三先生による講演 (6月23日)
  • 卒業生 武藤吉政さんによるタイ国インターンシップ経験談 (7月7日)

これから海外へ行ってみたい、国際的視野を広めたい、プレゼンテーション力を付けたい、コミニュケーション力を付けたい、留学生と交流したい、海外でインターンシップを考えている・働きたい方等は参考に受講ください。

外部講師のご案内


詳しい内容のお問合せは地球ラボまで。
00:00
12345
地球ラボ活動報告
12345
2015/10/21

後期第2回目 国際関係学演習授業のご報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:地球ラボstaff
10月20日(火)の国際関係学演習は機械工学科の池田先生をお招きし、台湾研修についてお話いただきました。

池田先生は今年の4月〜9月の5ヵ月間、在外研究員として台湾の台北市に滞在されました。主にロボットやコントロール(制御)を研究されています。

台湾の基本情報として、面積は日本の約10分の1、人口は2340万人の日本の5分の1。
日本軍が占領していた複雑な歴史背景を持ちながらも、台湾の方は親日派の方も多いようです。観光面では、日本から台湾へは年間160万人が台湾へ。台湾からはその倍近い300万人が日本を訪れているとのことです。先生の滞在時の写真と一緒に台湾について紹介してもらいました。



00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 国際関係学演習報告
12345